神奈川歯科大学歯学部の公認団体SDS(Society of Dental Study)です。歯科業界のさらなる発展を目指します。勉強系の部活です。

|Japanese|English

目的

SDSの目的

我々のゴール

SDSのゴールは歯科医師国家試験ではありません。
SDSでは歯科医師国家試験を中間地点と考え、将来歯科医師になった時にどのようにすればよいか、ということを学べる部活です。
学校では学べない実際の臨床の現場に触れたり、学生の時期からいろんな方と関わることが出来るので、歯科医師国家試験に合格し、歯科医師になった後に役立つ知識、人脈を得ることを目的としています。
もちろん今は大事ですが、数年後、数十年後に自分は一体何をしているのか、何をしたいのか。そしてその実現のためには何をすべきなのか。その時間を学生のうちから作る必要があります。
SDSはその時間を自然に作ることが出来る場です。
自分は今のままではいけない。そのことに「気付く」ことが重要です。
いかに早く気付けるか、それが自分の将来を大きく変えていくことになるでしょう。
学生時代だけでなく、将来歯科医師になった時にもスタディグループとして集まれる。SDSはそのような部活を目指しています。
歯科医師として、また一医療人としての高い倫理観や奉仕の精神を身に着けることも重要だと思います。
現在の歯科業界を変えていく。その心意気で、熱意を持って活動していきます。

ゴール

Copyright (C) Society of Dental Study. All Rights Reserved.